視力回復手術ICL

視力回復手術ICL

最先端の近視治療と言えば、外科的手術により視力を回復するレーシック手術はその最たるものですが、欠点もないわけではありません。
一度施術をすると元に戻せないこと。
もともと角膜の薄い人には手術自体が困難なこと。
強度の近視には対応できないこともあること。
これらの欠点を克服した新しい治療法が「ICL手術」とよばれる施術法です。
この治療方は虹彩と水晶体の間にICLという小型のレンズを埋め込んで、焦点を調節するというものです。
この方法では黒目の裏側にレンズを固定するので、ほとんどずれたりする心配もなく、生体に近い成分でレンズができているので、一度入れれば時々メンテナンスをするだけでよいのです。
手術自体も10分ほどの簡単なもので日帰り退院も可能です。
この手術は不具合が起こった場合にもレンズを取り出すことで元に戻すことができます。